総角(読み)ソウカク

デジタル大辞泉の解説

そう‐かく【総角】

子供の髪形。あげまき。
髪を1にした子供。また、その年頃。
「―の頃に早く怙恃(こじ)を喪い」〈二葉亭浮雲

チョンガー【総角】

《〈朝鮮語〉》独身の男。また、その人をからかっていう称。
[補説]本来は、朝鮮で丁年に達しても未婚でいる男子のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐かく【総角】

〘名〙
① 幼児の結髪の一つ。つのがみ。あげまき。
※色葉字類抄(1177‐81)「総角 ソウカク アケマキ」
※太平記(14C後)八「真言秘密の扉(とぼそ)の中には、総角(ソウカク)の護法手を束ねて奉仕(ぶし)し給ふ」 〔詩経‐斉風〕
② 髪を①に結った幼児。また、その年頃。幼時。あげまき。
※済北集(1346頃か)四・新竹「総角已過漸脱皮、渾身琢就碧琉璃」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「風聞に拠れば、総角(ソウカク)の頃に早く怙恃(こじ)を喪ひ」

チョンガー【総角】

〘名〙 (coŋ-gag 「総角」の朝鮮漢字音) 独身男子の俗称。チョンガク。
※風俗画報‐九三号(1895)人事門「此国にては垂髫(すいちゃう)せる未婚者を童蒙(チョンガー)と称し、加冠せる既婚者を大人(ネンガミ)と称す」
[補注]元来は未成年男子の髪型の名称であるが、朝鮮の旧習で丁年に達しても未婚でいる男性の蔑称として用いられていた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の総角の言及

【朝鮮語】より

…その一方で朝鮮総督府は手当を支給して官吏に朝鮮語学習を奨励し,統治政策の徹底をはかったのである。現在日本語の中の外来語として顔を出す朝鮮語は,チョンガー(総角――朝鮮の結婚前の成人男子の髪型。転じて独身の意),ヨボ(元来,ごく親しい者への呼びかけ),アイゴー(感動詞),チマ,チョゴリ,キムチ,キーセン等々で,その歴史的なかかわりの深さにもかかわらずごく少ない。…

※「総角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報