コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

援助量の国際目標 えんじょりょうのこくさいもくひょうtarget of aid volume

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

援助量の国際目標
えんじょりょうのこくさいもくひょう
target of aid volume

先進国の供与すべき援助の量について,国連総会,UNCTAD総会などの場で設定された目標。第2次国連開発の 10年 (1970年代) では民間を含めた援助総量の GNP比を1%,うち ODAを 0.7%,第3次国連開発の 10年 (80年代) では ODAを GNP比 0.7%とすることとしている。日本は ODAの GNP比 0.7%目標は達成期限を付けずに受諾しているが,1%目標は留保している。英,独など5ヵ国も同様であり,アメリカは未受諾。また,1990年9月の第2回国連後発発展途上国 (LLDC) 会議の「90年代における LLDCの開発促進のための政策措置」では,援助国のカテゴリー別に LLDC向け援助量目標を定めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android