目標(読み)もくひょう

精選版 日本国語大辞典「目標」の解説

もく‐ひょう ‥ヘウ【目標】

〘名〙
① ある物事をなし遂げたり、ある地点まで行きついたりするための目印。めあて。〔音訓新聞字引(1876)〕
日の出(1903)〈国木田独歩〉「『日の出を見よ』といふ警語は今も昔に変りなく〈全校題目となり、標となり、唱歌となり居るのを御覧になりましょう」
学習指導要領などで、目的よりも一段と具体化されためあてをいう語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目標」の解説

もく‐ひょう〔‐ヘウ〕【目標】

そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。「島を目標にして東へ進む」
射撃・攻撃などの対象。まと。「砲撃目標になる」
行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。「目標を達成する」「月産五千台を目標とする」「目標額」
目的[用法]
[類語]見通し見当読み見込み見極め当て目処めど展望予測予想予期目星目安計算予定可能可能性有りポシブルポシビリティープロバビリティー将来性蓋然性公算成算心当て望み伸び代予見予知余地予断目算駄目で元元駄目元方向対象矛先当たり目当て目的標的狙いターゲット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「目標」の解説

目標
もくひょう
goal

身体的運動,心的活動など生体の行う行動が目指している最終的な結果。このような行動が引起されるためには生体が特定動機動因の状態にあることを必要とするが,必ずしもその最終結果についての観念をもっていたり,意識していたりする必要はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android