コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会議 かいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会議
かいぎ

合議体の構成員が一堂に会し,一定の事項 (議題) について,互いに意見と情報を交換し合って審議を行い,最良の施策を見出そうとする会合またはそのための組織をいう。集団成員に単に意見を開陳する機会をつくるためや,上司が命令やその他の情報を伝達するためだけに部下を招集したような会合は,本来の意味の会議ではない。会議には公開のものと非公開のものとがある。国政上の最も重要な会議は国会の会議で,両院制により衆議院と参議院とがそれぞれ独自に会議を開くことになっており,その定足数や手続などは憲法,国会法および各院の規則で定められているが,国民が国会の活動を監視し,それによって民主政治の本義を発揮させる趣旨から,両議院の会議は公開を原則とし,出席議員の3分の2以上の多数で議決した場合にのみ秘密会とすることを認めている (憲法 57条1項) 。 (→本会議 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぎ〔クワイ‐〕【会議】

[名](スル)
関係者が集まって相談をし、物事を決定すること。また、その集まり。「編集方針について会議する」「会議室」
ある事柄を評議する機関・組織。「日本学術会議

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいぎ【会議】

( 名 ) スル
関係者が集まり、討論・相談や決議をすること。また、その会合。 「編集-」 「対策-」 「 -室」
一定の事柄を相談し決定するための機関。 「日本学術-」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

会議の関連キーワード日米EU医薬品規制調和国際会議盗賊教会会議[エフェソス]ヤドガル ナスリディーノワヴィターリィ ルーベンK.N. カーマラージオンラインミーティングニコライ イグナートフ国連地球シリーズ会議アジア・アフリカ会議横浜国際平和会議場イギリス帝国会議国家安全保障局P. タンドン国連海洋法会議ジュネーブ会議国際地理学連合盗賊教会会議国際金融会議重要政策会議トルラーヌム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会議の関連情報