コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撰り銭 エリゼニ

デジタル大辞泉の解説

えり‐ぜに【×撰り銭】

貨幣授受にあたり、受ける者が良銭を選び取ること。特に、私鋳銭の横行した室町時代に多い。幕府は、貨幣の流通を妨げるものとして、しばしば特定の悪銭以外は撰り銭を禁止した。せんせん。えりせん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えりぜに【撰り銭】

室町後期、取引にあたって悪銭を忌避し、良銭(主に渡来銭)のみを選びとったこと。円滑な商取引を妨げるとして、規制する令がしばしば発せられた。えりせん。せんせん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone