コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撰り銭 エリゼニ

デジタル大辞泉の解説

えり‐ぜに【×撰り銭】

貨幣授受にあたり、受ける者が良銭を選び取ること。特に、私鋳銭の横行した室町時代に多い。幕府は、貨幣の流通を妨げるものとして、しばしば特定の悪銭以外は撰り銭を禁止した。せんせん。えりせん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えりぜに【撰り銭】

室町後期、取引にあたって悪銭を忌避し、良銭(主に渡来銭)のみを選びとったこと。円滑な商取引を妨げるとして、規制する令がしばしば発せられた。えりせん。せんせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

撰り銭の関連キーワード商取引

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android