コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操り浄瑠璃 アヤツリジョウルリ

大辞林 第三版の解説

あやつりじょうるり【操り浄瑠璃】

操り芝居 」に同じ。
操り芝居で語られる浄瑠璃。義太夫節の類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の操り浄瑠璃の言及

【操り】より

…平城京跡から糸操りの人形が出土している事実を見ても古代から行われていたと想像できるが,日本の人形劇の主流が傀儡(くぐつ)の手遣(てづか)い人形であったため,これをも含めて操りと呼ぶようになった。したがって,人形自体に仕掛けして自動的に動く〈からくり人形〉以外のものを〈操り人形〉と総称し,かつ浄瑠璃に合わせて演じる人形芝居を〈操り浄瑠璃〉と呼んだ。江戸中期以後は義太夫節による三人遣いの文楽様式がもっぱら行われるようになったため,操りは文楽を意味する語となり,歌舞伎の丸本物(義太夫狂言)を〈操り狂言〉と呼ぶようになって,本来の糸操りはかえって〈南京操り〉として区別された。…

※「操り浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

操り浄瑠璃の関連キーワード左平次・左平治・左平二木偶遣い頭・首こだるれき操り

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android