コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操り浄瑠璃 アヤツリジョウルリ

2件 の用語解説(操り浄瑠璃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あやつり‐じょうるり〔‐ジヤウルリ〕【操り浄瑠璃】

三味線を伴奏とした浄瑠璃に合わせて、人形を操る芝居。文楽など。操り芝居人形浄瑠璃
操り芝居で語る浄瑠璃。特に、義太夫節

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の操り浄瑠璃の言及

【操り】より

…平城京跡から糸操りの人形が出土している事実を見ても古代から行われていたと想像できるが,日本の人形劇の主流が傀儡(くぐつ)の手遣(てづか)い人形であったため,これをも含めて操りと呼ぶようになった。したがって,人形自体に仕掛けして自動的に動く〈からくり人形〉以外のものを〈操り人形〉と総称し,かつ浄瑠璃に合わせて演じる人形芝居を〈操り浄瑠璃〉と呼んだ。江戸中期以後は義太夫節による三人遣いの文楽様式がもっぱら行われるようになったため,操りは文楽を意味する語となり,歌舞伎の丸本物(義太夫狂言)を〈操り狂言〉と呼ぶようになって,本来の糸操りはかえって〈南京操り〉として区別された。…

※「操り浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

操り浄瑠璃の関連情報