コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支輪/枝輪 シリン

デジタル大辞泉の解説

し‐りん【支輪/枝輪】

建築で、軒の斗栱(ときょう)部分や折り上げ天井で、斜めに立ち上がって並列している弧状またはS字状の材。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の支輪/枝輪の言及

【天井】より

… 天井にはその周囲に斜めの立ちあがりのあるものが多い。この部分を〈支輪(しりん)〉という。支輪は組入れ,格,小組格のいずれの天井にもつく場合があり,これのついたものを〈折上(おりあげ)〉と表現する。…

※「支輪/枝輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

支輪/枝輪の関連キーワード折り上げ・折上げ日本建築ロース折上げ天井

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android