救世主キリスト大聖堂(読み)キュウセイシュキリストダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせいしゅキリスト‐だいせいどう〔キウセイシユ‐ダイセイダウ〕【救世主キリスト大聖堂】

Khram Khrista SpasitelyaХрам Христа Спасителя》ロシア連邦の首都モスクワの中心部にあるロシア正教会の大聖堂。19世紀末、ナポレオン1世のロシア遠征に対する防衛戦に勝利したことを記念して建造。1931年、宗教弾圧を進めたスターリンにより破壊。旧ソ連崩壊後、2000年に再建された。高さは破壊前と同じく103メートル。世界中の正教会の中で最も大きいことで知られる。救世主ハリストス大聖堂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android