コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散切り物 ザンギリモノ

大辞林 第三版の解説

ざんぎりもの【散切り物】

歌舞伎世話狂言の一。明治初期、散切り頭に象徴される新時代の社会生活に取材したもの。黙阿弥の「島鵆月白浪しまちどりつきのしらなみ」「水天宮利生深川すいてんぐうめぐみのふかがわ」などの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散切り物の関連キーワード霜夜鐘十字辻筮水天宮利生深川社会生活黙阿弥

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android