コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数量制限の一般的禁止 すうりょうせいげんのいっぱんてききんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数量制限の一般的禁止
すうりょうせいげんのいっぱんてききんし

ガット第 11条で示されているもので,加盟国は原則として輸入・輸出に関して数量制限を行なってはならないという規定。すなわち国内産業保護の手段としては,原則として関税・課徴金以外は認められないということ。数量制限は関税などに比べてきわめて保護的効果が強く,その保護の度合いが分かりにくいため,この規定が設けられた。ただし,国際収支擁護のための輸入制限,農産物生産調整のための輸入制限などさまざまな例外規定が設けられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

数量制限の一般的禁止の関連キーワードミニマム・アクセスガット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android