保護(読み)ホゴ

デジタル大辞泉 「保護」の意味・読み・例文・類語

ほ‐ご【保護】

[名](スル)
外からの危険・脅威破壊などからかばい守ること。「傷口保護する」「森林保護する」
応急救護を要する理由のあるとき、警察署などに留め置くこと。「迷子保護する」
[類語]庇護ひご愛護擁護防護救護介護養護監護援護警護後見こうけん黒子守護教護守る弁護庇い立て

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「保護」の意味・読み・例文・類語

ほ‐ご【保護】

〘名〙
① 危険などから、弱いものをたすけまもること。かばうこと。ほうご。庇護(ひご)
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「政府を保護(ホゴ)する屈強の城壁」 〔蜀志‐趙雲伝〕
警察に一時とめておくこと。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎憲法発布日清戦争「私の近所の継子夫婦も逃げたが、前橋停車場警官に押さへられ保護されて帰って来た」
[補注]古くは「ほうご」と読むことが多い。

ほう‐ご【保護】

〘名〙 (「ほう」は「保」の漢音、「ほ」は慣用音) =ほご(保護)
高野山文書‐建久六年(1195)一二月一三日・官宣旨「又為宇佐其善神、是非保護之本意、誤妨真言之繁唱乎」
正法眼蔵(1231‐53)仏向上事「不伝といふは、千聖は不伝の分を保護するなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「保護」の読み・字形・画数・意味

【保護】ほご

まもる。〔三国志、蜀、趙雲伝〕先(劉備)、曹(操)に當陽長阪にはるるにび、妻子をてて南走す。雲、身づから子をき、~甘夫人を保す。~皆るることを得たり。

字通「保」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android