コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜円錐 シャエンスイ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐えんすい〔‐ヱンスイ〕【斜円×錐】

円錐で、円の中心と頂点とを結ぶ線が、底面に斜めに交わるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斜円錐の言及

【円錐】より

…この曲面ともとの円によって囲まれる立体図形を円錐といい,定点を頂点,円を底面,頂点と底面の距離を高さ,頂点と円周上の点を結ぶ線分を母線,母線の全体で作られる曲面を側面という(図)。頂点と底面の中心を結ぶ直線が底面に直交するような円錐を直円錐といい,そうでない円錐を斜円錐という。直円錐のことを単に円錐ということがある。…

※「斜円錐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斜円錐の関連キーワードルアペフ山展開図円錐

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android