新・自虐の詩 ロボット小雪

デジタル大辞泉プラスの解説

新・自虐の詩 ロボット小雪

業田良家による漫画作品。高校生の拓郎と暮らす恋人ロボット・小雪が純粋な感情を得て、拓郎の友人一家が暮らす格差社会向こう岸の町”を変えようと行動し始める。『まんがくらぶ』2007年1月号~2008年8月号に連載。竹書房全1巻。第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android