小雪(読み)しょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小雪
しょうせつ

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の 10月中 (10月後半) のことで,太陽の黄経が 240°に達した日 (太陽暦の 11月 22日か 23日) に始り,大雪 (12月7日か8日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。初冬の候であるが,ときおり気温が上昇して小春日和になることもある。昔中国ではこの期間をさらに5日を一候とする三候 (虹蔵不見,天気上騰地気下降,閉塞而成冬) に区分した。それは,もはや虹も現れず,天気が上昇しても大地の様相は下降し,全般的に冬の時候の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐ゆき【小雪】

少し降る雪。少しの雪。 冬》「麦の芽のうごかぬ程に―ちる/蝶夢」⇔大雪

しょう‐せつ〔セウ‐〕【小雪】

二十四節気の一。11月22日ごろ。 冬》「―や古りしだれたる糸桜/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こゆき【小雪】

少しの雪。少し降る雪。 [季] 冬。

しょうせつ【小雪】

二十四節気の一。太陽の黄経が240度になる時。現行の太陽暦で11月23日頃。十月中気。 → 大雪たいせつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小雪
しょうせつ

二十四節気の一つ。立冬ののち15日、すなわち11月22日ごろにあたる。寒さまだ深からず、雪また大ならざる意であるが、気候的には初雪の季節よりは20~30日くらい早くなっている。しかし初雪の早い記録を調べると11月10~20日くらいになっている所が多い。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小雪 (こゆき)

生年月日:1976年12月18日
平成時代の女優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ゆき【小雪】

〘名〙 (「こ」は接頭語) すこし降る雪。すこしの雪。⇔大雪。《季・冬》
※童謡・雪のふる晩(1920)〈北原白秋〉「大雪、小雪(コユキ)、雪のふる晩に」

しょう‐せつ セウ‥【小雪】

〘名〙
① わずかな降雪。
② 二十四節気の一つ。太陽が黄経二四〇度に達する時をいう。陰暦一〇月の中旬で、陽暦では一一月二二日ごろに当たる。十月中気。《季・冬》
※延喜式(927)一六「起小雪六日十五日」 〔後漢書‐律暦志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小雪の関連情報