コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新丹那トンネル シンタンナトンネル

3件 の用語解説(新丹那トンネルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐たんなトンネル【新丹那トンネル】

東海道新幹線熱海三島間にあるトンネル。昭和39年(1964)完成。長さ7959メートル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新丹那トンネル
しんたんなとんねる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新丹那トンネルの言及

【丹那トンネル】より

…数度の出水事故にも見舞われ,トンネル直上の丹那盆地一帯に大規模な渇水被害を生じさせた。
[新丹那トンネル]
 1960年代の東海道新幹線の建設に当たっては,丹那トンネルの北側に50m離れて並行に新丹那トンネル(新幹線複線型,7959m)がつくられた。一部は1941‐43年に弾丸列車計画で掘られていたが,59年10月着工,64年9月,約5年という短期間で完成した。…

【丹那盆地】より

…伊豆半島の付け根にあたる静岡県田方郡函南(かんなみ)町にある盆地。標高約230m,直径約1kmの小盆地で,直下を東海道本線の丹那トンネルが東西に通過している。多賀火山の西斜面の一部が断層運動によって落ち込み,形成されたもので,丘陵性の山に囲まれ,火山灰におおわれる。湖成層が分布していることから,かつて鏡ヶ池とよばれる円形の湖であったことが知られる。狩野(かの)川支流の柿沢川が盆地を貫いて西流し,現在では盆地内は水田化している。…

※「新丹那トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新丹那トンネルの関連情報