東海道新幹線(読み)とうかいどうしんかんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海道新幹線
とうかいどうしんかんせん

JR東海の高速幹線鉄道。東京-新大阪間 515.4km。東海道本線の輸送力が限界に達したため開設された。 1959年着工,64年開通。最高時速 210km。他の鉄道や道路とはすべて立体交差になっており,レール幅は標準軌間の 1435mmで全線にロングレールを採用,交流電化方式,自動列車制御装置 ATC,列車集中制御装置 CTCによる遠隔制御など最新の技術を導入している。途中駅は新横浜,小田原,熱海,三島,新富士,静岡,掛川,浜松,豊橋,三河安城,名古屋,岐阜羽島米原,京都の 14駅で,新大阪駅で 75年全線開通した山陽新幹線と連絡している。車種は名古屋と京都だけに停車する『ひかり』号 (1980年 10月の改正以降,小田原,静岡,浜松,豊橋,岐阜羽島,米原に停車するものもある) と各駅に停車する『こだま』号があり,『ひかり』号の大半は山陽新幹線に直通運転されている。また,92年からは,さらに時間短縮をはかった『のぞみ』号が運転されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうかいどう‐しんかんせん〔トウカイダウ‐〕【東海道新幹線】

東京と新大阪を結ぶ新幹線。昭和39年(1964)開業。運行列車は「のぞみ」「ひかり」「こだま」。全長552.6キロ。
[補説]東海道新幹線の駅東京‐品川‐新横浜‐小田原‐熱海(あたみ)‐三島‐新富士‐静岡‐掛川‐浜松‐豊橋‐三河安城(みかわあんじょう)‐名古屋‐岐阜羽島‐米原(まいばら)‐京都‐新大阪‐(山陽新幹線に直通)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東海道新幹線【とうかいどうしんかんせん】

飽和に達した国鉄(現JR)東海道本線の鉄道輸送を打開するため建設された標準軌間の高速新線。東京〜新大阪間,営業キロ552.6km。路線延長515.4kmは1959年着工,1964年10月営業運転開始。1972年山陽新幹線開業に伴い直通運転開始。途中駅は新横浜,名古屋,京都など15駅。電気方式は単相交流60Hz,25キロボルトで,時速200km以上の高速運転を実現するため,原則として曲線半径を2500m以上,勾配(こうばい)を20‰以下とし,道路とはすべて立体交差で踏切を設けず,列車自動制御(ATC)・列車集中制御装置(CTC)を採用している。東海道新幹線の成功により中距離都市間輸送における鉄道の効果が再認識された。2003年10月には品川駅が開業,同時に全列車が時速270km運転可能となり,〈のぞみ〉を主体とする抜本的ダイヤ改正を実施。
→関連項目京都[駅]新幹線東海旅客鉄道[株]中[区]名古屋[駅]西[区]南[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうかいどうしんかんせん【東海道新幹線】

東京~新大阪間552.6km(実距離515.4km)の新幹線鉄道。東海道本線の増設線路として建設された経緯から,国鉄の線路名称では在来線とともに東海道本線と定められていたが,国鉄改革ののちは別の線となった。全線がJR東海に属する。東海道新幹線は,第2次大戦後急激に輸送量が増加し,早晩行詰りが予想された東海道本線の輸送力増強策として計画されたもので,1957年に閣議決定により設置された日本国有鉄道幹線調査会が,技術,運営両面にわたる審議を行い,時速200kmの高速運転を行う標準軌道(1435mm)の別線を早急に建設すべきことを答申し,これを受けて58年に閣議において建設が決定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東海道新幹線の関連情報