コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

於多福(おたふく)

デジタル大辞泉プラスの解説

於多福(おたふく)

広島県、柄酒造株式会社の製造する日本酒

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の於多福(おたふく)の言及

【ソラマメ(蚕豆∥空豆)】より

…大粒種はアフリカ北部,小粒種は中央アジアが原産地とされる。日本への渡来は,聖武天皇の天平8年(736)に,中国を経て渡来したインド僧が伝えたものを,僧行基が武庫(現,兵庫県)で試作したのが最初とされ,これが現在の品種〈於多福(おたふく)〉の始まりと伝えられる。 世界における生産は,アジアが60%以上を占め,その96%近くが中国で生産される。…

※「於多福(おたふく)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

於多福(おたふく)の関連キーワード広島県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android