コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県 ひろしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広島〔県〕
ひろしま

面積 8479.45km2
人口 284万3990(2015)。
年降水量 1537.6mm (広島市) 。
年平均気温 16.3℃ (広島市) 。
県庁所在地 広島市
県木 モミジ
県花 モミジ
県鳥 アビ

本州西部,瀬戸内海の中部にのぞむ県。北部の中国山地,中部の吉備高原と山間盆地,南部の瀬戸内海沿岸平野と島嶼部に大別される。太田川,沼田 (ぬた) 川,芦田川が瀬戸内海に流れ出るが,北部は日本海に注ぐ江 (ごう) 川の流域となる。気候は全般に温暖少雨の瀬戸内気候の特色を示すが,北部は降水量が多く,内陸の一部に高冷・豪雪地帯がある。瀬戸内海沿岸は早くから開け,条里制の遺構がみられ,港町が発達し,荘園が開かれた。戦国時代は毛利氏が支配し,江戸時代には広島藩は浅野氏,備後藩は阿部氏が長く支配した。耕地が狭く,それを補うために,ワタやイグサなどが栽培され,織物,木工,畳表,毛筆,清酒その他の農村工業が各地に興った。明治4 (1871) 年廃藩置県によって広島,福山の2県が成立,その後福山県は改称して岡山県に合併されたが,1876年岡山県から分離,広島県と合併して現在の県域が確定。日清戦争までに鉄道が延び,軍需工業や近代工業が立地し,第2次世界大戦後は自動車,造船,鉄鋼,石油化学,パルプ,化学繊維など各種の工業が立地した。農業は沿岸や島嶼では米作,ミカンの栽培,吉備高原や中国山地では和牛飼育が盛んであるが,ウシは次第に減ってきた。沿岸漁業では広島湾のカキ養殖が知られる。海岸部に山陽新幹線,山陽自動車道が,内陸部に中国縦貫自動車道が通り,南部に広島空港がある。瀬戸内海国立公園,比婆道後帝釈,西中国山地の各国定公園に属する景勝地が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひろしま‐けん【広島県】

広島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕広島〈県〉(ひろしま〈けん〉)


中国地方のほぼ中央部に位置する県。
中国地方および四国地方の文化・経済の中心的機能を有する。北は鳥取県・島根県、東は岡山県、西は山口県と接し、南は瀬戸内海に面する。大半は中国山地が占め瀬戸内海に面して平野が広がる。広島湾周辺・備後(びんご)地区中心に石油化学・自動車工業が発展。広島湾ではカキの養殖、内陸部では牧畜や稲作が盛ん。人口284万6680。面積8479.70km2。人口密度335.71人/km2。管轄市町村は14市9町。県庁所在地は広島市。県花はモミジ。
歴史を見ると、縄文遺跡・弥生遺跡は瀬戸内海沿岸、古墳は福山(ふくやま)平野・三次(みよし)盆地などに分布、古代吉備(きび)・出雲(いずも)両文化圏の影響がみられる。古代律令(りつりょう)制では安芸(あき)国・備後(びんご)国が設置された。古くから内海航路の要路にあり、『万葉集』では鞆(とも)(現福山市)の港などが詠まれている。平安時代末期には平清盛(たいらのきよもり)が厳島(いつくしま)神社を造営し、内海交通路も整備されて貿易が盛んとなり、尾道(おのみち)などの港が繁栄した。中世に小早川(こばやかわ)氏・吉川(きっかわ)氏・毛利(もうり)氏などが台頭。戦国時代末期には、安芸国の毛利氏が勢力を広げ、中国地方一円を支配下に治めた。関ヶ原(せきがはら)の戦い後、安芸国に広島藩、備後国に福山藩が成立。江戸時代を通じ、瀬戸内海沿岸では干拓による新田開発や製塩業が栄え、備後ではワタ・イグサ栽培が行われた。1871年(明治4)の廃藩置県で広島県・福山県などが成立。その後、福山県(旧備後国6郡)の一部は岡山県に属したが、1876年に現在の県域となる。1945年(昭和20)8月6日、広島市に原子爆弾が投下され、死者20万人余を出す甚大な被害を被ったが、戦後は瀬戸内海沿岸を中心に重化学工業が立地し、急速に復興を果たした。
地勢を見ると、鳥取・島根両県境から南西に中国山地の脊梁(せきりょう)部が延び、江(ごう)の川を挟んで南西部は島根・山口両県境の冠山(かんむりやま)山地に続く。県中央部から東の岡山県にかけては吉備高原が広がる。県北部の各河川は三次盆地で江の川に合流し、中国山地を横断して日本海に注ぐ。瀬戸内海に注ぐ各河川は流路も短く、沖積平野も規模が小さい。愛媛県との間の瀬戸内海には大小100を超す島々からなる芸予(げいよ)諸島が浮かぶ。気候は、ほぼ全域が瀬戸内式気候に属するが、北部の中国山地では冬にかなりの量の積雪がみられる。
産業は、農業では、稲作中心だが、おおむね経営規模は小さい。芸予諸島の島々を中心にミカンなど柑橘(かんきつ)類が栽培される。吉備高原や中国山地での肉牛飼育は、酪農への転換が進む。沿岸漁業は不振だが、広島湾でのカキ養殖は全国の生産量の約50%を占める。工業は、九州地方を含めた西日本屈指の製品出荷額を誇る。明治中期、呉(くれ)に海軍工廠(こうしょう)が設置され、広島市ほか沿岸各地に鉄鋼・造船・機械・電機・化学などの装置型産業が早くから立地。第二次世界大戦後は福山市を中心に備後工業整備特別地域が指定され、製鉄ほかの新鋭工場が進出。大竹(おおたけ)市には山口県岩国(いわくに)市と一体化した石油化学コンビナートが形成された。広島市とその周辺にはマツダの本社・工場が集中し、内陸の中国縦貫自動車道沿いには電機・機械などの工場集積がみられる。伝統産業に東広島(ひがしひろしま)市の酒造、府中(ふちゅう)市の家具、呉市の研磨材製造などがある。
観光では、1996年(平成8)に厳島(いつくしま)神社と原爆ドームが世界遺産(文化遺産)に登録され、修学旅行コースとなっているほか、海外からも多くの観光客が訪れる。芸予諸島には瀬戸内海国立公園に属する景勝地が点在し、尾道市や生口(いくち)島の耕三(こうさん)寺などは本州四国連絡橋尾道―今治(いまばり)ルートの開通とともに人気を集める。県西部の冠山山地一帯は特別名勝の三段(さんだん)峡などの景勝があり、西中国山地国定公園に指定。県北東部には名勝の帝釈(たいしゃく)峡を中心に比婆道後(ひばどうご)帝釈国定公園が広がる。国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能に比婆荒神(ひばこうじん)神楽、風俗習慣に安芸のはやし田・壬生(みぶ)の花田植がある。また、廿日市(はつかいち)市の厳島神社の沖合で8月に宮島水中花火大会が盛大に開かれるほか、尾道市では奇祭といわれるベッチャー祭りが11月に行われる。
安芸郡
安芸高田市
江田島市
大竹市
尾道市
呉市
庄原市
神石郡
世羅郡
竹原市
豊田郡
廿日市市
東広島市
広島市
福山市
府中市
三原市
三次市
山県郡

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

広島県

中国地方の中央部に位置する県。北部は山陰地方と接し、南部は瀬戸内海に面する。気候は、比較的温暖ではあるが、山間部と瀬戸内海沿岸や島嶼部では雨量の差も大きく変化に富む。山間部では冬季に積雪も多い。機械工業・鉄鋼業が盛ん。県木は、モミジ。県鳥は、アビ。県魚は、カキ。

[広島県のブランド・名産品]
青大きゅうり | 一国斎高盛絵 | 太田かぶ | 大竹手打刃物 | 川尻筆 | 観音ねぎ | 祇園パセリ | 熊野筆 | 高根みかん | 銅蟲 | 戸河内刳物 | 戸河内挽物 | 広島おくら | 広島かき | 広島牛 | 広島菜 | 広島の酒 | 広島はっさく | 広島針 | 広島仏壇 | 広島みかん | 広島レモン | 備後絣 | びんご畳表 | 深川早生芋 | 福山琴 | 府中家具 | 保命酒 | 宮島細工 | 宮島焼 | 三次人形 | 三次ピオーネ | もみじ饅頭 | 矢賀チシャ | 矢野かもじ

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

広島県の関連キーワード広島県東広島市安芸津町小松原バンブー・ジョイ・ハイランド広島県東広島市安芸津町木谷広島県東広島市安芸津町大田広島県東広島市安芸津町風早広島県東広島市安芸津町三津広島県呉市下蒲刈町大地蔵広島県福山市赤坂町早戸広島県三次市上志和地町広島県三次市下志和地町広島県府中市上下町有福広島県福山市赤坂町赤坂広島県府中市上下町岡屋天満屋 ポートプラザ店広島県府中市上下町井永広島県廿日市市下平良広島県三次市下川立町広島県三次市上川立町広島県呉市蒲刈町宮盛広島県呉市蒲刈町田戸

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島県の関連情報