コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純米酒 ジュンマイシュ

4件 の用語解説(純米酒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅんまい‐しゅ【純米酒】

清酒のうち、米と米麹(こめこうじ)と水だけで造ったもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

純米酒

米と米麹だけを原料に造った日本酒。原料となる米の持つ旨味や風合いが生かされたコクのある味わいが特徴。精米歩合は七〇%以下。このうち、精米歩合六〇%以下のものは特別純米酒、吟醸造りをしたものは純米吟醸酒と呼ぶ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんまいしゅ【純米酒】

日本酒のうち、米と米麴こめこうじのみで醸造した清酒。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

じゅんまいしゅ【純米酒】


清酒の特定名称の一つで、米と米麹、水のみを原料とし、醸造アルコールを使用しないもの。一般に、こくがあり、米のうまみが強く感じられるのが特徴で、冷や、ぬる燗に向く。◇精米歩合60%以下のものは「純米吟醸酒」、50%以下は「純米大吟醸酒」と表示することができる。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の純米酒の言及

【清酒】より


[製品の表示と級別]
 現在市販されている清酒には,日本酒造組合中央会の自主規格による内容が表示されている。すなわち〈純米酒〉とは米,米こうじのみでつくったもの,〈原酒〉は搾ったのち加水しないもの,〈生一本(きいつぽん)〉は純米の原酒で自社で醸出したもの,〈本醸造酒〉は前述のアル添仕込法で製造したものであるが,在来行われていた程度のアルコール使用量以下(白米1tあたり100%アルコール120l以下)のものをいう。また,〈吟醸酒〉は60%以下の精白米を使用し,低温発酵させた純米酒または本醸造酒,〈秘蔵酒〉は5年以上貯蔵熟成させたものをいう。…

※「純米酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

純米酒の関連情報