コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向飯 ひゅうがめし

1件 の用語解説(日向飯の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひゅうがめし【日向飯】


愛媛県南予地方郷土料理で、あじなどの魚のそぎ身をしょうゆみりん・白ごまなどで作った調味液に浸し、これに溶き卵を加えて飯にかけたもの。みかんやゆずの皮、もみのりを散らして食べる。◇伊予水軍が日向(現宮崎県)で覚えた食べ方を伝えたとされることからこの名がある。鯛を用いることも多く、その場合「鯛飯(たいめし)」と呼ばれることが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日向飯の関連キーワード皿饂飩豚骨芋串じぶ煮じゃこ天コックオバン煎餅汁豚丼の日貝焼き南予地方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone