日向飯(読み)ひゅうがめし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ひゅうがめし【日向飯】


愛媛県南予地方の郷土料理で、あじなどの魚のそぎ身をしょうゆみりん・白ごまなどで作った調味液に浸し、これに溶き卵を加えて飯にかけたもの。みかんやゆずの皮、もみのりを散らして食べる。◇伊予水軍が日向(現宮崎県)で覚えた食べ方を伝えたとされることからこの名がある。鯛を用いることも多く、その場合「鯛飯(たいめし)」と呼ばれることが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android