コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯛飯 タイメシ

デジタル大辞泉の解説

たい‐めし〔たひ‐〕【×鯛飯】

鯛のそぼろをのせた飯。
飯を炊く途中で鯛の身をのせ、醤油味で炊き上げる飯。
刺身をごま醤油に浸し、熱いにのせて食べるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

たいめし【鯛飯】

しょうゆなどで薄く味をつけて炊いた飯に鯛のそぼろをのせた料理。静岡駅の駅弁(「東海軒」が製造)、小田原駅の駅弁(「東華軒」が製造)、三島駅・沼津駅の駅弁(「桃中軒」が製造)などが知られる。◇駅弁の商品名はいずれも「鯛めし」。
うろこ・内臓をとった鯛を米にのせて炊いた料理。炊き上がったら鯛の骨を抜き、身をほぐして飯に混ぜる。鯛は白焼きにしてから用いることもある。愛媛・今治などの郷土料理が知られる。
③愛媛・宇和島の郷土料理。鯛を薄くそぎ切りにしてしょうゆ・みりん・白ごまなどで作った調味液に浸し、溶き卵を加えて飯にかけたもの。みかんやゆずの皮、刻みのりを散らして食べる。
④島根・松江の旅館「皆美(みなみ)館」の名物料理。鯛のそぼろ、卵の黄身と白身、のり、ねぎ、わさびを飯にのせ、だし汁をかけて食べるもの。◇「鯛めし」と書く。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいめし【鯛飯】

ほぐした鯛の身を炊き込んだ味つけ飯。また、鯛のそぼろをかけた飯にもいう。
さいの目に切った鯛を、炊き上がる頃の飯の上にのせて蒸し、すまし汁をかけて食べるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

たいめし【鯛飯】


➀しょうゆなどで薄く味をつけて炊いた飯に鯛のそぼろをのせた料理。静岡駅の駅弁(「東海軒」が製造)、小田原駅の駅弁(「東華軒」が製造)、三島駅・沼津駅の駅弁(「桃中軒」が製造)などが知られる。◇駅弁の商品名はいずれも「鯛めし」。
➁うろこ・内臓をとった鯛を米にのせて炊いた料理。炊き上がったら鯛の骨を抜き、身をほぐして飯に混ぜる。鯛は白焼きにしてから用いることもある。愛媛県東予地方の郷土料理が知られる。
➂愛媛県南予地方の郷土料理で、鯛を薄くそぎ切りにしてしょうゆ・みりん・白ごまなどで作った調味液に浸し、溶き卵を加えて飯にかけたもの。みかんやゆずの皮、のりを散らして食べる。⇒日向飯{ひゅうがめし}。
➃島根・松江の旅館「皆美(みなみ)館」の名物料理。鯛のそぼろ、卵の黄身と白身、のり、ねぎ、わさびを飯にのせ、だし汁をかけて食べるもの。◇「鯛めし」と書く。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯛飯
たいめし

混ぜご飯の一種。飯は色付け飯にする。タイを三枚におろし、濃いめの照焼きにして骨をとり細かく切る。飯の炊き上がったところへこれを加え、飯櫃(めしびつ)に移すときによくかき混ぜる。タイを三枚におろして皮や骨を除き水にさらして、布に包んで水切りし、すり鉢で細かくつぶして鍋(なべ)に入れ、味つけしたものを色付け飯に混ぜる方法もある。駅弁の鯛飯は古くはタイを用いていたが、いまはほかの魚を使ったものも鯛飯といっている。東京近辺では、味のいい白身魚を用いて独特の味を出した静岡駅の鯛飯が有名である。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯛飯の関連情報