日置少老(読み)へきの おおゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置少老 へきの-おおゆ

?-? 奈良時代の歌人。
「万葉集」巻3に「縄の浦」をうたった歌1首がみえる。
【格言など】縄の浦に塩焼くけぶり夕されば行過ぎかねて山に棚引く(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android