コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日蓮上人 にちれんしょうにん

1件 の用語解説(日蓮上人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

日蓮上人

鎌倉中期の僧。日蓮宗の開祖。安房国生。名は薬王丸・是聖房蓮長。天台寺院清澄寺の道善房を師として出家し、のち比叡山をはじめ京畿の諸寺に遊学。再び清澄寺に帰り法華経の信仰を主張しはじめたが、念仏者との間に対立が生まれ鎌倉に赴く。『立正安国論』を著わし、独自の宗教活動を展開する。伊豆・佐渡へ流されたが、のち赦され身延山に隠棲する。弘安5年(1282)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日蓮上人の関連キーワード日慈日達上人日薩西山鑑智国師沙門日東祖師堂祖師本化東条景信富木常忍

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日蓮上人の関連情報