コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星ぼしに架ける橋

デジタル大辞泉プラスの解説

星ぼしに架ける橋

米国の作家チャールズ・シェフィールドの長編SF(1979)。原題《The Web Between the Worlds》。A・C・クラーク『楽園の泉』と同じく“軌道エレベーター”をテーマとしたSF小説。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

星ぼしに架ける橋の関連キーワードチャールズ シェフィールド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android