春日の(読み)はるのひの

精選版 日本国語大辞典「春日の」の解説

はるのひ‐の【春日の】

春の日中の時間が長いところから、「長し」、および、これと同音を含む地名「ながら」にかかる。
古今(905‐914)恋二・六二四「逢はずして今宵あけなば春の日の長くや人をつらしと思はむ〈源宗于〉」
[補注]例歌は実景としての「春の日」の意味をも持たせている。

はるひ‐の【春日の】

書紀(720)継体七年九月・歌謡「播屡比能(ハルヒノ) 春日(かすが)の国に 麗(くは)し女(め)を 有りと聞きて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「春日の」の解説

はるひ‐の【春日の】

[枕]はるひ」に同じ。
「―春日の国に」〈継体紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android