春日の(読み)はるひの

  • はるのひの

精選版 日本国語大辞典の解説

春の日中の時間が長いところから、「長し」、および、これと同音を含む地名「ながら」にかかる。
※古今(905‐914)恋二・六二四「逢はずして今宵あけなば春の日の長くや人をつらしと思はむ〈源宗于〉」
[補注]例歌は実景としての「春の日」の意味をも持たせている。
※書紀(720)継体七年九月・歌謡「播屡比能(ハルヒノ) 春日(かすが)の国に 麗(くは)し女(め)を 有りと聞きて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日のの関連情報