春日(読み)かすが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日
かすが

兵庫県中東部,丹波市東部の旧町域。由良川の支流竹田川上流域に位置する。丹波山地の一角で,三方を山に囲まれた盆地状の地形をなし,東部は京都府に接する。 1955年黒井町と春日部村,大路村,国領村,船城村の4村が合体して春日町が成立。 2004年柏原町,氷上町,青垣町,山南町,市島町と合体して丹波市となった。地名は荘園時代からの名称。米作のほか野菜類の栽培なども行なわれ,名産の甲南漬の原料となるキュウリ,ナスも産する。北部の黒井城跡は国の史跡。東部の山岳一帯は,多紀連山県立自然公園に属する。

春日
かすが

岐阜県南西部,揖斐川町南部の旧村域。伊吹山地東麓にある。 1889年村制。 2005年揖斐川町,谷汲村,久瀬村, 藤橋村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。大部分が山地で,揖斐茶を特産。伊吹山の北部にスキー場がある。一部は揖斐関ヶ原養老国定公園伊吹県立自然公園に属する。

春日
かすが

東京都文京区南部の地区。山手台地に属する小石川台とこれを切る低地にまたがる文教住宅地区。台地上は住宅や中央大学理工学部など,学校が多い。東端の低地には文京区役所,講道館などがある。地名は3代将軍徳川家光の乳母春日局の屋敷地に由来する。

春日
はるひ

愛知県北西部,清須市北部の旧町域。濃尾平野の南東部に位置する。1990年町制。2009年清須市に編入。地名は西春日井郡の 2字をとって命名された。近世から農業が盛んで,旧落合村に宮重大根の発祥の地,宮重集落がある。かつては野菜栽培を中心とする農村であったが,名古屋市一宮市のほぼ中間にあって都市化が進んだ。1963年の国道22号線開通に伴い,自動車,ゴムなどの工場が立地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かすが【春日】

《「春日」の表記は、地名「かすが」にかかる枕詞はるひ」を当てたもの》
奈良市およびその付近の称。特に、春日大社のあたり。
福岡県の市。福岡市の南に位置し、住宅地。自衛隊の春日原基地がある。人口10.7万(2010)。

しゅん‐じつ【春日】

春の日。はるび。また、春の日ざし。 春》「―を鉄骨のなかに見て帰る/誓子

はる‐ひ【春日】

《「はるび」とも》
[名]春の日射し。また、春の一日。 春》「竹の風ひねもすさわぐ―かな/犀星
[枕]春の日が霞(かす)む意から、同音の「かす」を含む地名の「春日(かすが)」にかかる。
「―春日を過ぎ」〈武烈紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かすが【春日】

現在の奈良市の春日大社から白毫寺(びやくごうじ)付近の歴史地名。古代において大和国添上郡春日郷の地名があり,また条里制の里名にも春日里,上春日里の呼称がみえる。このあたり一帯は,より古くは春日県(あがた)が置かれ,大和朝廷の支配が早くから及んだ地域であった。《日本書紀》によれば,開化天皇の春日率川(いさがわ)宮が置かれたと伝える。なお,大和北部の豪族としては和珥(わに)(丸邇)氏があったが,その一族でこの地に蟠踞していたものは春日氏を名のった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かすが【春日】

〔「春日」の表記は「かすが」にかかる枕詞「春日はるひ」を当てたもの〕
奈良市春日野町の春日神社一帯の称。また、奈良市およびその付近の称。
福岡県北西部の市。福岡市の南に接する住宅都市。

かすが【春日】

姓氏の一。

しゅんじつ【春日】

のどかな春の一日。明るい春の太陽。 [季] 春。

はるひ【春日】

[0] ( 名 )
春の日。春の陽光。また、春の一日。 [季] 春。 「うららかな-/草枕 漱石」 「霞立つ長き-をかざせれど/万葉集 846
( 枕詞 )
春の日が霞かすむ意で、「かすむ」と同音を含む地名「春日かすが」にかかる。 「 -春日かすがを過ぎ/日本書紀 武烈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かすが【春日】

(「春日」の表記は、「かすが」の枕詞「はるひ(春日)」をあてたもの)
[一] 大和国春日郷のこと。現在の奈良市の中心部にあたる。
※書紀(720)武烈即位前・歌謡「はるひ 箇須我(カスガ)を過ぎ」
[三] 京都の市街を東西に走る丸太町通の別称。
※国花万葉記(1697)一「京師九陌横豎小路 一条〈略〉椹木丁 春日(カスガ) 丸太丁」
[四] 東京都文京区南部の町名。江戸初期、春日局(かすがのつぼね)の屋敷があったため呼ばれた。
[五] 福岡県中西部の地名。鹿児島本線、西鉄大牟田線が通じる住宅都市。婿押祭(むこおしまつり)で知られる春日神社や日拝塚古墳がある。昭和四七年(一九七二)市制。

かすが【春日】

姓氏の一つ。

しゅん‐じつ【春日】

〘名〙 春の日。はるび。また、春の日ざし。《・春》
懐風藻(751)「春日翫鶯梅」 〔詩経‐豳風・七月〕

はる‐ひ【春日】

[1] 〘名〙 春の日。また、春の日の昼間。《季・春》
※万葉(8C後)五・八一八「春さればまづ咲く宿の梅の花ひとり見つつや波流比(ハルヒ)暮らさむ」
[2] 春の日がかすむ意で、「かすむ」と同音を含む地名「春日(かすが)」にかかる。はるひの。はるひを。
※書紀(720)武烈即位前・歌謡「播屡比(ハルヒ) 春日(かすが)を過ぎ」
[補注]地名「かすが」に「春日」の文字をあてるのは、「あすか」に「飛鳥」をあてるのと同様、この枕詞から転じたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日の関連情報