コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日大明神 カスガダイミョウジン

1件 の用語解説(春日大明神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすが‐だいみょうじん〔‐ダイミヤウジン〕【春日大明神】

奈良の春日大社の祭神。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の春日大明神の言及

【春日大社】より

春日祭に斎女が加えられ2月,11月の2季の盛儀としたのに始まり(申の日が祭日なので申祭(さるまつり)という),春日(かすが)造の4神殿のほか社殿を増築,境内地を大拡充して9世紀末にはほぼ現状に近い盛観を示した。摂政・関白・氏長者として栄華をきわめる藤原氏北家(摂関家)はすべて春日大明神の威徳によるものとして春日社の祭祀に努めたのである。とくに氏長者の参詣は春日詣(かすがもうで)といわれ,春日祭にも倍する盛儀となり,また行幸や御幸なども頻繁となった。…

※「春日大明神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春日大明神の関連情報