春花の(読み)ハルハナノ

デジタル大辞泉の解説

はるはな‐の【春花の】

[枕]
春の花が美しく咲きほこるところから、「にほえ栄ゆ」「めづらし」などにかかる。
「―にほえ栄えて」〈・四二一一〉
貴重な春の花は散りやすいところから、「貴(たふと)し」「うつろふ」などにかかる。
「―貴からむと」〈・一六七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるはなの【春花の】

( 枕詞 )
春の花のようにの意で、「たふとし」「盛り」「めづらし」「にほえさかゆ」「うつろふ」にかかる。 「 -貴からむと/万葉集 167」 「 -盛りもあらむと/万葉集 4106

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はるはな‐の【春花の】

① 春の花が美しく咲いている意で、「盛り」「にほひさかゆ」にかかる。
万葉(8C後)一八・四一〇六「春花(はるはなノ) 盛りもあらむと 待たしけむ 時の盛りそ」
② 春の花をめでる意で、「し」や「めづらし」にかかる。
※万葉(8C後)二・一六七「春花之(はるはなの) 貴からむと 望月の たたはしけむと」
③ 春の花が散っていく意で、「うつろふ」にかかる。
※万葉(8C後)六・一〇四七「大君の きのまにまに 春花乃(はるはなノ) うつろひ変はり 群鳥の 朝立ち行けば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春花のの関連情報