曲げ剛性(読み)まげごうせい(英語表記)flexural rigidity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「曲げ剛性」の解説

曲げ剛性
まげごうせい
flexural rigidity

曲げこわさともいう。板状弾性体を曲げる場合,曲りの程度を表わす曲率 1/ρ (中立面曲率半径ρの逆数) は,弾性体の縦弾性係数 E と,その断面形状から定まる断面2次モーメント I の積 EI に反比例する 1/ρ=M/EI ( M は曲げモーメント) 。積 EI が大ならば曲率半径ρも大きく,曲りにくいことを意味するので,積 EI を曲げ剛性あるいは曲げこわさと呼ぶ。なお,曲げ剛性の逆数 1/EI をたわみ性 flexibilityという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android