曲げ剛性(読み)まげごうせい(英語表記)flexural rigidity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲げ剛性
まげごうせい
flexural rigidity

曲げこわさともいう。棒や板状の弾性体を曲げる場合,曲りの程度を表わす曲率 1/ρ (中立面の曲率半径ρの逆数) は,弾性体の縦弾性係数 E と,その断面形状から定まる断面2次モーメント I の積 EI に反比例する 1/ρ=M/EI ( M は曲げモーメント) 。積 EI が大ならば曲率半径ρも大きく,曲りにくいことを意味するので,積 EI を曲げ剛性あるいは曲げこわさと呼ぶ。なお,曲げ剛性の逆数 1/EI をたわみ性 flexibilityという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android