コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大値 サイダイチ

デジタル大辞泉の解説

さいだい‐ち【最大値】

実数値をとる関数が、その変域内でとる最も大きい値。⇔最小値

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいだいち【最大値】

関数がその定義域でとる値のうち最も大きなもの。 ↔ 最小値

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の最大値の言及

【極大・極小】より

cに十分近いEのすべての点でf(x)≧f(c)となるとき,fcにおいて極小となる,あるいは極小値f(c)をとるという。いいかえるとf(c)が極大値であるというのは,cの近くでだけ(すなわち局所的に)考えたときの最大値であって定義域全体で考えたときの最大値とは限らない。極小値についても同様である。…

※「最大値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

最大値の関連キーワードガーシュゴーリンの定理バリューアットリスクピークフローメーターホプキンソン効果ピークフロー値オーバーフローミッドポイントピークメーターヒープソートレオペクシー標準比視感度ピークフローカイザー効果最大瞬間風速計画高水位Cファスト毛髪湿度計心胸郭指数マキシマム最大磁化率

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最大値の関連情報