最大(読み)さいだい

精選版 日本国語大辞典「最大」の解説

さい‐だい【最大】

〘名〙 (形動) ある範囲のうちで形、数量、かさ、規模、価値などが最も大きいこと。程度が最もはなはだしいこと。また、そのさま。
※九冊本宝物集(1179頃)五「智度論には、若、人最大の善をもとめんとおもはば、まさに戒をたもつべしといひ」
※岡本の手帳(1906)〈木田独歩〉「人は悉く最大なる事実を見る能はずして幻影のみを見るなり」 〔漢書‐西南夷伝〕 〔大乗義章‐一四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android