最大(読み)さいだい

精選版 日本国語大辞典「最大」の解説

さい‐だい【最大】

〘名〙 (形動) ある範囲のうちで形、数量、かさ、規模、価値などがも大きいこと。程度が最もはなはだしいこと。また、そのさま。
※九冊本宝物集(1179頃)五「智度論には、若、人最大の善をもとめんとおもはば、まさに戒をたもつべしといひ」
※岡本の手帳(1906)〈国木田独歩〉「人は悉く最大なる事実を見る能はずして幻影のみを見るなり」 〔漢書‐西南夷伝〕 〔大乗義章‐一四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「最大」の解説

【最大】さいだい

最も大きい。

字通「最」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「最大」の解説

さい‐だい【最大】

もっとも大きいこと。「世界最大の国」⇔最小
[類語]極大無限大最高最多最大限大きい大きな大いなるでかいでっかいどでかい馬鹿でかい大振り大形大柄大口大作り大粒粗大肥大嵩張かさばビッグ巨大マキシマムレコードジャンボジャイアントマクロマンモスキングサイズ過大豪壮雄大壮大大規模壮麗広壮特大強大超弩級ちょうどきゅう大掛かり大仕掛け大大的でかでか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android