コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最忠法親王 さいちゅうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最忠法親王 さいちゅうほうしんのう

?-? 平安後期-鎌倉時代,鳥羽天皇の皇子。
延暦(えんりゃく)寺で出家。無品(むほん)のままおわった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最忠法親王の関連キーワード鎌倉時代鳥羽天皇皇子延暦