コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽天皇 とばてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥羽天皇
とばてんのう

[生]康和5(1103).1.16. 京都
[没]保元1(1156).7.2. 京都
第 74代の天皇 (在位 1107~23) 。名,宗仁。法諱,空覚。堀河天皇の第1皇子,母は贈皇太后藤原苡子 (いし) 。誕生の年に皇太子となり,嘉承2 (07) 年即位,保安4 (23) 年崇徳天皇に譲位,大治4 (29) 年白河法皇の没後,崇徳,近衛,後白河の3天皇 28年間院政を行なった。永治1 (41) 年落髪,法皇となり,のち崇徳天皇に迫って,寵姫美福門院所生の皇太弟体仁親王 (近衛天皇) に譲位させた。この近衛天皇が早世すると,崇徳上皇の意を押え,美福門院や藤原忠通らとはかって後白河天皇を立てた。これは,のち保元の乱の大きな原因となった。天皇は催馬楽音律典故に長じ,また深く仏教を信じ,最勝寺,六勝寺など諸寺を創建,熊野にもしばしば詣でた。陵墓は京都市伏見区竹田内畑町の安楽寿院陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とば‐てんのう〔‐テンワウ〕【鳥羽天皇】

[1103~1156]第74代天皇。在位1107~1123。堀河天皇の第1皇子。名は宗仁。白河法皇院政下に即位。法皇の死により院政を行い、崇徳近衛後白河天皇の3代28年に及んだ。後白河天皇擁立から保元の乱が起こる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥羽天皇【とばてんのう】

平安末期の天皇。堀河天皇の第一皇子。在位1107年―1123年。退位後,1129年白河上皇のあとを受けて崇徳(すとく)・近衛・後白河天皇の3代にわたり院政を行った。
→関連項目大野荘(徳島)後白河天皇讃岐典侍讃岐典侍日記八条院八条院領美福門院藤原隆能藤原忠実

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥羽天皇 とばてんのう

1103-1156 平安時代後期,第74代天皇。在位1107-23。
康和5年1月16日生まれ。堀河天皇の第1皇子。母は藤原苡子(いし)。嘉承(かじょう)2年父の死により5歳で即位。祖父白河法皇の院政下にあり,譲位後もつづいた。大治(だいじ)4年白河法皇の没後院政をとり,崇徳(すとく)・近衛・後白河の3天皇28年におよんだ。保元(ほうげん)元年7月2日死去。54歳。墓所は安楽寿院陵(あんらくじゅいんのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は宗仁(むねひと)。法名は空覚。
【格言など】尋ねつるわれをや花もまちつらむけふぞ盛りに匂ひましける(「金葉和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥羽天皇

没年:保元1.7.2(1156.7.20)
生年:康和5.1.16(1103.2.24)
平安後期の天皇。堀河天皇と贈太政大臣藤原実季の娘苡子の子。康和5(1103)年8月,堀河天皇の東宮となる。嘉承2(1101)年,堀河天皇没により即位。保安4(1123)年,子の顕仁(崇徳天皇)に譲位,白河上皇没後の大治4(1129)年院政を開始し,崇徳・近衛・後白河の3代28年にわたって朝政を主導した。永治1(1141)年,出家して法皇となり,法名空覚を名乗る。天皇在位中は,祖父白河による院政の時期で,子の顕仁が,白河と待賢門院璋子との間の所生であると噂されるような状況のなか,やがて皇位継承の問題をめぐり,白河と対立を深めるようになる。院政開始後,白河院政末期に萌芽のみられた荘園整理政策の事実上の凍結の姿勢をより明確にして,荘園の興隆を促進し,さらに,藤原忠実の政権再登用後,摂関家を院近臣として従属させるなど,独自の政策を推し進めた。有力な院司として,藤原顕頼,藤原家成らがおり,また伊勢平氏を政権の基盤にとりこんだ。崇徳天皇の譲位ののち,皇后美福門院得子との間の子体仁(近衛天皇)を即位させ,さらに近衛没後,雅仁(後白河天皇)を皇位につけ,崇徳上皇の反発を招いた。これは,前代同様の皇位継承をめぐる皇統内部の対立であり,鳥羽没の直後,朝廷内を二分して争われた保元の乱(1156)の要因となるものであった。信仰面では,御願寺の造営を盛んに行い,また熊野信仰に傾倒し,参詣は前後23回におよんだ。譲位後は鳥羽離宮を居所とし,同所に建てられた安楽寿院内の陵墓に葬られた。院政主導の朝政および荘園公領制を確立させたという意味で,中世国家の基本秩序を完成させた天皇であったと評価できよう。<参考文献>G87A1道雄「鳥羽院政論」(『日本歴史』425号)

(上杉和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とばてんのう【鳥羽天皇】

1103‐56(康和5‐保元1)
第74代に数えられる天皇。在位1107‐23年。父は堀河天皇,母は女御(贈皇太后)苡子(藤原実季女)。諱(いみな)は宗仁。誕生の年に立太子,1107年(嘉承2)堀河天皇が没し即位。藤原忠実が摂政となる。13年(永久1)元服。23年(保安4)祖父白河法皇の意志で第1皇子顕仁親王(崇徳天皇)に譲位。崇徳は鳥羽の中宮璋子所生であるが,実は白河の子といわれる。29年(大治4)白河法皇が没して以後は崇徳,近衛,後白河の3代にかけて院政を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とばてんのう【鳥羽天皇】

1103~1156) 平安末期の第七四代天皇(在位1107~1123)。名は宗仁むねひと。堀河天皇第一皇子。崇徳・近衛・後白河の三代にわたって1129年から27年間、院政を行う。崇徳上皇と対立して後白河天皇を擁立、保元の乱の因となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥羽天皇
とばてんのう
(1103―1156)

平安後期の天皇(在位1107~23)。名は宗仁(むねひと)。康和(こうわ)5年1月16日生まれ。堀河(ほりかわ)天皇の第一皇子。母は藤原実季(さねすえ)の娘苡子(いし)。生後7か月で立太子。父堀河天皇の病死の後を受けて1107年(嘉承2)5歳で即位したが、専制的な院政を行っていた祖父白河(しらかわ)上皇により23年(保安4)皇太子顕仁(あきひと)親王に譲位させられた(崇徳(すとく)天皇)。29年(大治4)白河の死後、崇徳、近衛(このえ)、後白河(ごしらかわ)三天皇28年間にわたって院政を行った。皇后待賢門院(たいけんもんいん)との仲が不和であり、藤原忠実(ただざね)の娘勲子(くんし)(のち泰子(たいし)と改める)を、上皇としては異例の皇后とした(高陽院(かやのいん))が、男子が生まれなかったので、藤原長実(ながざね)の娘得子(とくし)を入内(じゅだい)させ(美福門院(びふくもんいん))、皇子体仁(なりひと)親王が生まれた。生後3か月で皇太子とし、41年(永治1)崇徳天皇を譲位させ3歳で皇位につけ(近衛天皇)、同年自分は出家して法皇となった。55年(久寿2)近衛天皇が17歳で後嗣(こうし)もないまま早世すると、雅仁(まさひと)親王を皇位につけた(後白河天皇)。荘園(しょうえん)整理を強行した白河院政を転換し、寄進地系荘園を大量に認め、自らも安楽寿院(あんらくじゅいん)、八条女院(はちじょうにょいん)、歓喜光院(かんぎこういん)領荘園などを膨大に集積し、20回を超える熊野詣(くまのもう)でを行うなど白河と同様専制君主としての道を歩んだ。「わたしの出生は人力によるものではなく、神のしわざである」と自賛し、「天下を政(まつりごと)するは、上皇御一人なり」とも評された。また、「わたしが世を去ったならば、天下はたちまち乱れるであろう」(台記(たいき))と予言したといわれている。死の直後、予言どおりに保元(ほうげん)の乱が勃発(ぼっぱつ)した。保元元年7月2日死去。墓は京都市伏見(ふしみ)区竹田内畑(たけだうちはた)町の安楽寿院陵。[川島茂裕]
『安田元久著『日本の歴史7 院政と平氏』(1974・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鳥羽天皇 (とばてんのう)

生年月日:1103年1月16日
平安時代後期の第74代の天皇
1156年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の鳥羽天皇の言及

【八条院】より

…平安末~鎌倉初期の女院(によいん)。鳥羽天皇の第3女。母は藤原長実の女美福門院得子。…

【保元の乱】より

…1156年(保元1)に起こった京都の争乱。〈ほげんのらん〉ともいう。皇室・摂関家内の勢力争いに源平2氏の武力が介入して勃発した。白河院政開始(1086)後,朝廷には〈治天の君(ちてんのきみ)〉=院と天皇と二つの権力が競合併存することとなり,それにともなって勢力争いは複雑かつ熾烈化していった。白河院没(1129)後はその子鳥羽上皇が院政をとったが,鳥羽院は1141年(永治1)崇徳(すとく)天皇(鳥羽院の子。…

※「鳥羽天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥羽天皇の関連キーワード讃岐典侍日記・讚岐典侍日記頌子内親王禧子内親王侚子内親王叡子内親王新撰朗詠集藤原悦子藤原苡子葉室顕隆通仁親王藤原栄子君仁親王徳大寺家生年月日鳥羽上皇上西門院高陽院蝉折れ獅子王殺生石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥羽天皇の関連情報