コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延暦 エンリャク

3件 の用語解説(延暦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんりゃく【延暦】

奈良後期・平安初期の、桓武天皇の時の年号。782年8月19日~806年5月18日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんりゃく【延暦】

年号(782.8.19~806.5.18)。天応の後、大同の前。桓武かんむ天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

えんりゃく【延暦】

日本の元号(年号)。奈良時代から平安時代にかけての782年から806年まで、桓武(かんむ)天皇の代の元号。前元号は天応(てんおう)。次元号は大同(だいどう)。782年(天応2年)8月19日改元。桓武天皇の即位にともない行われた(代始改元)。桓武は784年(延暦3)に平城京から新しい都、長岡京に遷都した。翌年、造宮長官の藤原種継(たねつぐ)が暗殺され、事件に連座した早良(さわら)親王は皇太子を廃されて淡路国へ配流、その途中で憤死した。近親者の不幸や天災が相次いだことから、794年(延暦13)に改めて平安京への遷都を行った。797年(延暦16)には『続日本紀(しょくにほんぎ)』が完成。最澄(さいちょう)と空海(くうかい)が唐から帰国したのもこの時期。また、桓武は東北地方の経略にも積極的で、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)を征夷大将軍とする軍を送っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延暦の関連キーワード黒色土器泥絵奈良三彩年号夷俘王朝時代坂上土城胡簶品治部広耳

延暦の関連情報