延暦(読み)エンリャク

大辞林 第三版の解説

えんりゃく【延暦】

年号(782.8.19~806.5.18)。天応の後、大同の前。桓武かんむ天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えんりゃく【延暦】

日本の元号(年号)。奈良時代から平安時代にかけての782年から806年まで、桓武(かんむ)天皇の代の元号。前元号は天応(てんおう)。次元号は大同(だいどう)。782年(天応2年)8月19日改元。桓武天皇の即位にともない行われた(代始改元)。桓武は784年(延暦3)に平城京から新しい都、長岡京に遷都した。翌年、造宮長官の藤原種継(たねつぐ)が暗殺され、事件に連座した早良(さわら)親王は皇太子を廃されて淡路国へ配流、その途中で憤死した。近親者の不幸や天災が相次いだことから、794年(延暦13)に改めて平安京への遷都を行った。797年(延暦16)には『続日本紀(しょくにほんぎ)』が完成。最澄(さいちょう)と空海(くうかい)が唐から帰国したのもこの時期。また、桓武は東北地方の経略にも積極的で、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)を征夷大将軍とする軍を送っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延暦の関連情報