コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の位 ツキノクライ

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐くらい〔‐くらゐ〕【月の位】

江戸時代の上方で、下級女郎の称。月(がち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

月の位の関連キーワードグスタフ・ルドウイッグ・ウィルヘルム ストルーベアリスタルコス[サモス]アンティキティラ島の機械マルコビッチカメラプラハの天文時計クロムメリン月周リズム太陰運動論江戸時代ブラウン万年時計月待ち太陰表月食食分月相星食月齢大潮掩蔽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月の位の関連情報