月ノ浦惣庄公事置書

デジタル大辞泉プラス「月ノ浦惣庄公事置書」の解説

月ノ浦惣庄公事置書

岩井三四二の小説。室町時代の土地争いを巡る公事(裁判)を描いた長編。2003年、第10回松本清張賞を受賞し、同年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android