コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月替わり商い つきがわりあきない

1件 の用語解説(月替わり商いの意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

月替わり商い

株式の売買において、代金と株券の受け渡しをするのが、翌月になる取引のことをいいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月替わり商いの関連キーワード代金引換受渡し掛売買証券保管振替機構帳合米転売買戻し延渡し受渡一括決済

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone