コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効成分 ユウコウセイブン

デジタル大辞泉の解説

ゆうこう‐せいぶん〔イウカウ‐〕【有効成分】

効力をもつ成分。「薬の有効成分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有効成分の言及

【薬用植物】より

…これらはそれぞれ既知の薬効成分や新しい生理作用を有する成分,あるいは薬物への化学転換の容易な物質の発見の結果,ふつうの植物が薬用植物として認識され利用されるようになったものである。新鮮な植物の葉をもんで傷口に貼ったり,1種類あるいは数種類の生薬を煎じて服用したりした時代とは異なり,化学的な成分の分析,有効成分の検索により,新しい薬用植物,用途が開発されつつある。
[薬用植物とその利用形態]
 薬用植物は下等植物から高等植物まで,小は細菌から大は樹木まで幅広くみられる。…

※「有効成分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

有効成分の関連キーワード後発医薬品(ジェネリック医薬品)脳下垂体後葉ホルモンレボノルゲストレルカスカラ・サグラダ塩化カルプロニウム液状イオン交換体釣藤鉤・釣藤鈎プラセンタ注射ラウンドアップマイトマイシンBT 殺虫剤フローダスト石灰硫黄合剤カンタリジン美白化粧品カイニン酸ピレトリンニコチン剤蚊取り線香浸剤・煎剤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有効成分の関連情報