効力(読み)コウリョク

  • こうりょく カウ‥
  • こうりょく〔カウ〕

大辞林 第三版の解説

一定の働き・効果を及ぼす能力。ききめ。効能。 薬の- 条約が-を発する -を失う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 何かに作用して、または、それを用いるとある効果を現わすことのできる力。
※経済小学(1867)上「雇作の徒己れが受取るべき雇直の増益せんことを欲せば、宜しく己れが作業の効力を顕はし財主をして大に之を買はんとするの心を起さしむべし」 〔文同‐和仲蒙夜坐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

効力の関連情報