効力(読み)こうりょく

精選版 日本国語大辞典「効力」の解説

こう‐りょく カウ‥【効力】

〙 何かに作用して、または、それを用いるとある効果を現わすことのできる力。
※経済小学(1867)上「雇作の徒己れが受取るべき雇直の増益せんことを欲せば、宜しく己れが作業の効力を顕はし財主をして大に之を買はんとするの心を起さしむべし」 〔文同‐和仲蒙夜坐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android