効力(読み)こうりょく

精選版 日本国語大辞典「効力」の解説

こう‐りょく カウ‥【効力】

〘名〙 何かに作用して、または、それを用いるとある効果を現わすことのできる力。
※経済小学(1867)上「雇作の徒己れが受取るべき雇直の増益せんことを欲せば、宜しく己れが作業の効力を顕はし財主をして大に之を買はんとするの心を起さしむべし」 〔文同‐和仲蒙夜坐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「効力」の解説

こう‐りょく〔カウ‐〕【効力】

効果を及ぼすことのできる能力。「効力を発揮する」「効力を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android