コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朗ら ホガラ

デジタル大辞泉の解説

ほがら【朗ら】

[形動][文][ナリ]ほがらか」に同じ。
「其間に旁午(ぼうご)する玄鳥(つばくら)の声―に」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほがら【朗ら】

( 形動ナリ )
ほがらか 」に同じ。 「神明は内には智恵-にして、外には慈悲妙也/沙石 一・米沢本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朗らの関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露山田 耕筰:みのりの涙/piano solo家の裏でマンボウが死んでるPスコッチ・テリア[種]ボストン・テリア[種]ダックスフント[種]コウライウグイスバセンジー[種]福の神(狂言)ボクサー[種]吉田 名保美津田タカシゲあいらぶ優太田中 利明八住 利雄松木 満史屋嘉比朝寄パグ[種]呉山堂玉成クロツグミ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朗らの関連情報