コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朗らか ホガラカ

2件 の用語解説(朗らかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほがら‐か【朗らか】

[形動][文][ナリ]
心にこだわりがなく、晴れ晴れとして明るいさま。「朗らかな性格」「朗らかに話す」
明るく光るさま。日ざしが明るく、空が晴れわたっているさま。「朗らかな春の日」
「姿、秋の月の―に」〈後拾遺・序〉
広く開けて明るいさま。
「木蓮の枝はいくら重なっても、枝と枝の間は―に隙(す)いている」〈漱石草枕
「心―に融(かよ)ひ達(いた)る」〈霊異記・上〉
あいまいさがなく、はっきりしているさま。
「打ち忍び嘆きあかせばしののめの―にだに夢を見ぬかな」〈紫式部集
[派生]ほがらかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほがらか【朗らか】

( 形動 ) [文] ナリ 
心が晴れ晴れとしているさま。こだわりなく快活なさま。明朗。 「 -に毎日を過ごす」 「 -な人」
空が曇りなく晴れているさま。 「 -な秋空」
広々と開けているさま。開放されているさま。 「郊郭、顕敞と-にして、川野、瞍潤とこえたり/大慈恩寺三蔵法師伝 永久点
明るく光るさま。 「すがた秋の月の-に、ことば春の花のにほひあるをば/後拾遺
はっきり物事がわかっているさま。精通しているさま。 「その方にまことに深くしみ、顕密ともに-なるをば/栄花
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朗らかの関連キーワードこだわり洒然闊達小岩井 まきばヨーグルト こだわりクリーミー酒蔵のこだわり梅酒白バラこだわりカフェ・オ・レねこまんま こだわりツナ 匠ねこまんま こだわりのかつおねこまんま こだわりのまぐろパティシエのこだわり「ダックワーズ」

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朗らかの関連情報