朗らか(読み)ホガラカ

デジタル大辞泉「朗らか」の解説

ほがら‐か【朗らか】

[形動][文][ナリ]
心にこだわりがなく、晴れ晴れとして明るいさま。「朗らか性格」「朗らかに話す」
明るく光るさま。日ざしが明るく、空が晴れわたっているさま。「朗らかな春の日」
「姿、秋の月の―に」〈後拾遺・序〉
広く開けて明るいさま。
木蓮はいくら重なっても、枝と枝の間は―にいている」〈漱石草枕
「心―にかよいたる」〈霊異記・上〉
あいまいさがなく、はっきりしているさま。
「打ち忍び嘆きあかせばしののめの―にだに夢を見ぬかな」〈紫式部集
[派生]ほがらかさ[名]
[類語](1明朗陽気明るい気さく快活楽天的晴れやか気持ちよい快いかい快感快楽心地よい痛快小気味よい爽快快適壮快カンファタブルすがすがしいさわやか清新清爽晴れ晴れさっぱり楽しいうはうはほくほく笑いが止まらない嬉しい喜ばしい欣快きんかい愉快嬉嬉きき欣欣きんきん欣然きんぜん満悦ご機嫌上機嫌晴れ晴れしいぴちぴち生き生き活発からり根明ねあか心が躍る心が弾む心を躍らせる/(2晴朗晴れ晴れうららかうらうらのどか好天晴天春風駘蕩しゅんぷうたいとう明るい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android