旁午(読み)ボウゴ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ご〔バウ‐〕【×旁午】

[名](スル)縦横に入り乱れること。また、往来の激しいこと。
「其間に―する玄鳥(つばくら)の声朗(ほがら)に」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうご【旁午】

( 名 ) スル
縦横に入り乱れること。往来の激しいこと。 「其間に-する玄鳥つばくらの/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐ご バウ‥【旁午】

〘名〙 入り乱れること。往来の激しいこと。
※菅家文草(900頃)一・早春侍内宴、同賦無物不逢春「観夫天文建寅、帝徳旁午」
※新続金色夜叉(1902)〈尾崎紅葉〉二「其間に旁する玄鳥の声朗に」 〔漢書‐霍光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android