望月 周三郎(読み)モチヅキ シュウザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

望月 周三郎
モチヅキ シュウザブロウ

大正・昭和期の解剖学者 慶応義塾大学医学部教授。



生年
明治25(1892)年3月2日

没年
昭和42(1967)年7月22日

出生地
千葉県船橋

学歴〔年〕
京都帝国大学医学部〔大正8年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正14年〕

経歴
京大助教授を経て、大正12年慶応義塾大教授。昭和24〜28年岐阜県立医工科大学長を務め、再び慶大教授となった。34年定年退職。著書に「人体生理解剖図説」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android