望月 実太郎(読み)モチヅキ ジツタロウ

20世紀日本人名事典の解説

望月 実太郎
モチヅキ ジツタロウ

明治・大正期の大陸浪人



生年
明治6年11月(1873年)

没年
大正15(1926)年1月

出生地
広島県賀茂郡東野村

経歴
ウラジオストクに渡航しロシア語の研究、ロシア事情を調査して、明治32年満州(中国北部)に入り、奉天(現・瀋陽)に居留する。日露戦争が起こると陸軍通訳となり第一軍に従い各地に転戦した。その後、奉天で両替店・広福銀号を開き、満州における居留邦人のために尽力、奉天草分けの1人として重んぜられた。大正15年同地で没す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報