コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望都漢墓 ぼうとかんぼWang-du Han-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

望都漢墓
ぼうとかんぼ
Wang-du Han-mu

中国河北省望都県城付近で発掘された2基の漢代 塼室墓。 1952,55年に発掘調査が行われ,いずれも多室から成り,全長 20mあまりで,墓室壁面には漆喰が塗られ,当時の官吏の姿を描いた彩色壁画がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android