漆喰(読み)しっくい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漆喰
しっくい

日本特有の塗壁材。消石灰に砂,海藻のり,すさを混合して水で練ったもので壁や天井の仕上げに使用する。日本では古くから小舞土壁の仕上げ材料として用いられてきた。普通漆喰,土佐漆喰,屋根漆喰,灰土漆喰,天川漆喰などがある。下地はコンクリート,木摺り,ラスボード,小舞土壁などで,硬化乾燥による亀裂の発生,軟弱,非耐水性,施工に日時がかかるなどの欠点の多い材料であるが,曲面にも塗りつけることができ,できの悪いコンクリート面を平滑に仕上げることもできる。比較的安価で日本趣味に合うなどの利点も多いので広く使われている。施工にはこてを使用し,下塗り,むら直し,中塗り,上塗りまたは下付,上付などの工程を経て完成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

漆喰【しっくい】

日本古来の壁材料の一つ。石灰,砂を主としこれにツノマタフノリに【すさ】(亀裂を防ぐための刻んだ麻等)を加えたもの。かわきが遅いので少しずつ乾燥させながら塗る。たたき固めて流し場や土間を作るのにも使用。灰墨,黄土,ベンガラ等を混ぜた色漆喰もある。ヨーロッパでは膠着剤を必要としない焼セッコウが壁材に用いられ,プラスターplasterと呼ばれる。
→関連項目生子壁プラスターフレスコ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっくい【漆喰 plaster】

壁塗りの素材。大別して2種類の素材がある。一つは日本で古代以来用いられてきた石灰プラスターというべきもので,消石灰に苆(すさ)(きざんだ麻糸などの繊維質)と糊(フノリ,ツノマタなどの膠着剤)を加えて水練りした左官材料である。壁,天井に塗られ,瓦や煉瓦の目地などに用いられる。また,山土に消石灰とにがりを混ぜ,たたき締めて土間床をつくるものを〈叩(たた)き漆喰〉または〈たたき(三和土)〉という。漆喰は〈石灰〉の字音のなまった言葉といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しっくい【漆喰】

〔「石灰」の唐音。「漆喰」は当て字〕
消石灰にふのりや角叉つのまたなどの粘着性物質と麻糸などの繊維を加え、水でよく練り合わせたもの。砂や粘土を加えることもある。壁や天井などを塗る。 「 -天井」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しっくい【漆喰】

日本古来の塗り壁の素材。消石灰に、繊維質のわらや麻糸などと糊(のり)を加え水で混ぜたもの。外壁や屋内の壁・天井などの仕上げ、または石や煉瓦(れんが)などの接合に用いる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の漆喰の言及

【プラスター】より

…気硬性単味セメントに属する壁塗装用無機質材料。焼セッコウの意に用いられることもある。次のような種類がある。(1)セッコウプラスター 単にプラスターといったときはこれを指す。焼セッコウCaSO4・1/2H2Oに硬化を遅らせるための凝結遅延剤として,フノリ,ゼラチン,デンプン,ホウ砂などを添加したもので,上塗り用として使われる。また砂を混合して下塗り用ともする。さらに無水セッコウCaSO4に硬化を速めるための凝結促進剤として,石灰,ミョウバン,ポルトランドセメントなどを添加しても用いられる。…

※「漆喰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漆喰の関連情報