コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塼室墓 せんしつぼ

2件 の用語解説(塼室墓の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せんしつぼ【塼室墓】

塼を用いて墓室の壁・床・天井などを築いた墓。中国漢代に始まり、古代朝鮮にも及んだ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんしつぼ【塼室墓】

死者を埋葬するとき,塼を用いて墓室を構築したもの。中国では前漢時代の中原地方で,貴重な木材にかえて空心塼(粘土板を箱形に貼りあわせて板や柱の形につくる大型塼)を組み立てた墓室が多くつくられた。前漢中期以降,地上の居室と同じような空間を地下につくる意図が流行し,墓室の空間が拡張する。三角形など墓室の構造にあわせた空心塼が登場するが,結局小塼の利用によって空心塼墓はすたれる。小塼は煉瓦のような長方塼で,ドーム式やアーチ式の高い天井を築くことが可能であることから,中国全域に普及し,以来近世まで墓の構造材として長く使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone