コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塼室墓 せんしつぼ

大辞林 第三版の解説

せんしつぼ【塼室墓】

塼を用いて墓室の壁・床・天井などを築いた墓。中国漢代に始まり、古代朝鮮にも及んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんしつぼ【塼室墓】

死者を埋葬するとき,塼を用いて墓室を構築したもの。中国では前漢時代の中原地方で,貴重な木材にかえて空心塼(粘土板を箱形に貼りあわせて板や柱の形につくる大型塼)を組み立てた墓室が多くつくられた。前漢中期以降,地上の居室と同じような空間を地下につくる意図が流行し,墓室の空間が拡張する。三角形など墓室の構造にあわせた空心塼が登場するが,結局小塼の利用によって空心塼墓はすたれる。小塼は煉瓦のような長方塼で,ドーム式やアーチ式の高い天井を築くことが可能であることから,中国全域に普及し,以来近世まで墓の構造材として長く使われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

塼室墓の関連キーワード台城里古墳群司馬金竜墓営城子古墳南山裡漢墓紹興遺跡長沙遺跡信陽遺跡望都漢墓遼陽漢墓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android