木暗/木暮れ(読み)コグレ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぐれ【木暗/木暮れ】

木陰の暗い所。木暗がり。
「照射(ともし)すと鹿にもあはぬもの故に―の下に夜をあかしつる」〈堀河百首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ぐら・い【木暗】

〘形口〙 こぐら・し 〘形ク〙 木立ちが茂っていて暗い。
※蜻蛉(974頃)下「ほととぎすまたとふべくもかたらはでかへる山路のこくらかりけん」

こ‐くらがり【木暗】

〘名〙 樹木が茂り合って、うす暗いこと。また、そのような所。こぐれ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android