コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀河百首 ほりかわひゃくしゅ

5件 の用語解説(堀河百首の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀河百首
ほりかわひゃくしゅ

平安時代後期の百首歌。『堀河院百首』『堀河院御時百首和歌』『堀河院初度百首』『堀河院太郎百首』ともいう。康和4 (1102) ~5年頃詠んだものを,長治1 (04) 年頃堀河天皇に献詠したものか。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほりかわひゃくしゅ〔ほりかはヒヤクシユ〕【堀河百首】

平安後期の歌集。長治2年(1105)ごろ成立か。堀河天皇の時、藤原公実(きんざね)・源俊頼・源国信らを中心に、当時の代表的歌人の大江匡房(まさふさ)藤原基俊ら16人が詠んだ百題による百首歌の集成。後代の組題百首の規範とされ、重んじられた。堀河院御時(おんとき)百首和歌。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堀河百首【ほりかわひゃくしゅ】

平安末期,1105年―1106年頃に成立した組題百首和歌。源俊頼の企画,藤原公実の勧進により,堀河天皇に奉ったか。歌題の構成は,春20,夏15,秋20,冬15,恋10,雑20題,計100題で,14名(15名,16名の伝本もある)の歌人が各題1首の100首を詠進。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ほりかわひゃくしゅ【堀河百首】

和歌集。康和年間(1099~1104)頃成立。堀河天皇の召しにより、藤原公実が企て、源俊頼が勧進したという。藤原公実・源俊頼のほか、当時の代表歌人、大江匡房・藤原基俊など一六人の、立春・子日ねのひ以下一〇〇題の百首歌を収める。勅撰集に二五〇余首が撰入され、また歌合うたあわせの証歌としても重んじられて、以後の組題百首の規範となった。堀河院御時百首和歌。堀河院初度百首。堀河院太郎百首。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀河百首
ほりかわひゃくしゅ

平安後期、堀河天皇のとき、源俊頼(としより)、源国信(くにざね)らが中心に、当時の有力歌人に詠進させた百題による百首歌(組題百首)の集成。1105年(長治2)から1106年の間に成立か。当初、藤原公実(きんざね)、大江匡房(まさふさ)、源国信、源師頼(もろより)、藤原顕季(あきすえ)、藤原仲実(なかざね)、源俊頼、源師時(もろとき)、藤原顕仲(あきなか)、藤原基俊(もととし)、隆源(りゅうげん)、肥後、紀伊、河内(かわち)の14人、のちに源顕仲、永縁(えいえん)が加わり、題ごとに部類した。『堀河院御時百首和歌』『堀河院太郎百首』『堀河院初度百首』などの名称もある。和歌史上最初の大規模な組題百首の試みとして後代に規範とされ、題詠、習作の際に取り組む形式として尊重された。内容面でも、新しい歌題には堀河朝歌壇の新風が多様に反映して、時代色の断面をうかがわせている。[近藤潤一]
『橋本不美男・滝沢貞夫著『校本堀河院御時百首和歌とその研究 本文研究篇』(1976・笠間書院) ▽橋本不美男・滝沢貞夫著『校本堀河院御時百首和歌とその研究 古注索引篇』(1977・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀河百首の関連キーワード十三代集勅撰和歌集二十一代集私撰和歌集十代集続古今和歌集続拾遺和歌集新後撰和歌集新撰和歌集万代和歌集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone