木曜日(読み)もくようび

精選版 日本国語大辞典「木曜日」の解説

もくよう‐び モクエウ‥【木曜日】

〘名〙 =もくよう(木曜)
※遠西観象図説(1823)中「正月元日土曜日なれば〈略〉六日木曜日、七日金曜日にして、八日は必ず朔の本曜に復す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木曜日の言及

【トール】より

…雷神,天気の神,農民の神であって,サガやスカルド詩にも登場する。木曜日をあらわす英語のThursday,ドイツ語のDonnerstagは〈トールの日〉の意である。【谷口 幸男】。…

※「木曜日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android